慧出   骋天下

无人驾驶技术与零部件供应商

无人驾驶车辆销售与租赁服务商

联系电话:0551-63365951

详细内容

安徽省の⾃動運転送迎⾞プロジェクト、年内に量産を実現へ

时间:2019-04-09     【转载】   来自:新华社

1559639072(1).jpg

    【新華社合肥48⽇】中国安徽省合肥市にある中国科学院合肥技術⾰新⼯程院スマート移動ロボットセンターの技術
チームはこのほど、⾃動運転送迎⾞の基幹コア技術の開発に成功したことを明らかにした。⾞両⽣産コストを⼤幅に削
減し、1台当たり10万元(1元=約17円)以内に抑えた。年内に量産開始の⾒通し。 

1559639126(1).jpg

    同プロジェクトの責任者である江如海(こう・じょかい)⽒によると、⾃動運転技術では、コア部品のセンサーのコス
トが⾼いため、現在は⾃動運転⾞両の⽣産コストが普通1台当たり数⼗万元しており、⾼いものは百万元以上になるもの
もあるなど、量産が難しい状況だ。 

1559639255(1).jpg

    技術チームは2018年、合肥技術⾰新⼯程院のテクノロジー成果転化プラットフォームの強みを⽣かし、合肥中科智馳
科技有限公司を設⽴。プロジェクトの事業化を⽬指している。同社の技術責任者の袁勝(えん・しょう)⽒は、このチ
ームが独⾃研究開発した⾃動運転技術システムは、環境センサーアルゴリズムの最適化を通じてセンサーのコストを抑
え、⾃動運転送迎⾞1台当たりの⽣産コストを10万元以下に引き下げたと説明した。 

1559639302.jpg

    この⾃動運転送迎⾞は時速約10キロで、道路状況と⾛⾏環境に基づき、直進、コーナリング、追い越し、障害物回
避、停⾞などの操作を独⾃に決定できる。袁⽒によると、周辺環境を感知するレーザーレーダーとカメラが配置されて
おり、その測定距離は120メートルに達するという。15メートルの範囲内に障害物が現れた時、⾃動でアラーム機能が起
動し、回避の準備をする。また、⾞両の衝突防⽌バーに「接触型」スイッチが設置されており、路上で突発的な交通状
況が発⽣しても、⾞両が⾃動でブレーキをかけるようになっている。


もっと記事を⾒る

NASA科学者「ISSには菌がたくさん」
Engadget ⽇本版
中古ガジェットに眠る「お宝」に注意
ギズモード・ジャパン 


商城中心

服务支持

友情链接

关于我们

联系我们

公司地址:

安徽·合肥市高新区习友路2666号

公司服务热线:

0551-63365951

COPYRIGHT 2014-2025    ALL RIGHTS RESERVED
技术支持: 思淘科技 | 管理登录